すぐに使えるFXデイトレテク|初心者必見!!FX基礎講座|初心者向けFX比較情報サイト FXくらべる君

知っておきたいすぐに使えるFXデイトレテク:FXくらべる君はこれから外国為替を始める初心者デイトレーダーにぴったりのFX入門サイト。外為取引向け口座開設の人気ランキングから初心者必見のデイトレテクニックを掲載した充実のコンテンツ。相場からバイナリーオプションや低スプレッド口座の比較もFXくらべる君

メールでのお問合せはこちら

FXくらべる君

FXくらべる君TOP >> 初心者必見!!FX基礎講座 >> すぐに使えるFXデイトレテク

くらべる君ネットワーク
キャッシングくらべる君
FXくらべる君

FXの基礎知識【FX用語集】

すぐに使えるFXデイトレテク

■通貨の細かな動きをとらえるために5分足チャートを使う。

デイトレードは、上下を当てるようなギャンブル的な意識で売買しても儲けることは難しいです。2択なので、当たる事もありますが、継続的な勝ちは見込めません。
儲ける目的でFXをしているのであれば、勘や感覚に頼った売買は、おすすめできません。手数料や税金がかかるFXの場合勝率が5割では、確実に総合的に負けとなるでしょう。
勝つ為には自分のトレードスタンスを見つけ今使えるツールを最大限に利用する必要があります。
その為にはまず、チャートを5分足のチャートにしましょう。
曜日、月、時間。何らかの自分なりに共通点を見つけることが出来るのではないでしょうか。自身が購入していない時間帯も見る事でチャートの動きに慣れ、自分の売買の時にある程度見極める事が出来るようになりましょう。

■動きのいい通貨を探すため、リアルタイムランキングを使う。

リアルタイムランキングと言っても、さまざまな物があります。
◆出来高急増ランキング ◆上昇率ランキング ◆下落率ランキング ◆売買高ランキングなど。
出来高急増ランキングは、急に出来高が多くなった銘柄を表示しています。投資家やトレーダーの関心度が高い物は自然と売買が多くなっているので、このランキングを見ればどの銘柄が注目されているのかがわかります。
上昇率ランキングは、前日の終値に対して上昇率(上昇比)の高い銘柄を順番に表示している物です。下落率ランキングはその逆で、前日の終値に対して下落率(下降比)の高い順番に表示している物です。
売買高ランキングは、売買代金が多い順番に表示している物。このランキングを見ればどの銘柄が活発に動いているかが分かります。
どのランキングにしても、活発に動いている銘柄を見つける事が目的となります。値動きを見て自分が購入するタイミングを見極める為の知識をつける事が大切です。

■ランキングを基に5分足チャートで動きのいい通貨を選ぶ。

値上がり、値下がりが見込める場合とはどのような場面なのか。
売買のテクニックなどは、勝っているトレーダーはどの様な方法で行っているかなど中々明かしてはくれません。
初心者の方にも出来るであろう「リバウンド買い」と言う方法です。
株価の習性で、短期間や短時間で大幅に下落すると下落後に反発し株価が戻ると言うパターンがあります。
この反発する場面を狙って買いや売りを仕掛けるのです。後は、普段見ている5分チャートで急に下落する場面を探せば見えてくるはずです。急に下落した場面での売買はリスクが高すぎる、そんな場面初心者の私には怖くて出来ない。など、そう思った方も多いと思いますが、よくよく考えてみるとこんなに分かりやすく買いやすい場面はそんなにないのではないでしょうか。急に下落したと言う事は、急に安くなったと言う事で、その時に取引をしないのはもったいないと言う考えが重要になってくるのです。
一つだけ注意があり、値段が高い位置での取引、中途半端な下落、この2点の見極めが出来れば、トレードでの成功も見えてきます。

■デイトレードは通貨の動きだけに注目する。

チャートを見ながら値動きだけに注目していれば、無駄な買いも少なくなってくるのではないでしょうか。自身での分析が出来るようになると無駄な買いや売りがなくなります。取引する銘柄が2.3あるのであれば、順番に5分チャートを見ていけば勝負ポイントが見えてきます。例えば、@米/円Aユーロ/円Bユーロ/米 このように3通貨の取引をしている場合必ずどこかに、その日の勝負ポイントがあります。最初は見極めるのが難しいかもしれませんが、その日の勝負ポイントが少しずつでも分かるようになる為にも、5分足のチャートをこまめに見ていきましょう。

■戻りが鈍かったらロスカットで逃げる。

急な下落の後は殆どの場合、戻り(反発)がある。しかしながら、どの程度値段が戻るのかは状況次第なのではっきりとした数字はだせませんが、戻りが鈍いと思った場合はすぐにロスカットをして逃げたほうが良いでしょう。戻りが鈍い場合、最悪のケースだと、再び下落する可能性が高いからです。
負ける場合は最低限少ない金額で負ける事を心がけましょう。
【またきっと値段が戻るだろう…】などと思っていると、損失が更に拡大します。
ロスを減らすにはまず、3つの事に注意しましょう。
◆チャートの位置が高かったら買わずに見送る。
◆中途半端な下落幅では売買しない。
◆悪材料のニュースが出た通貨は買わない。

■5分足チャートで長い陰線が出現したら買う。

買うタイミングっていつ?どんな時?そう思ってる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、このチャートの中の長い陰線が出現したらそれは売買のチャンスです。このチャンスを見逃さないようにしましょう。

■長い陰線が出ても長期チャートで高い位置だと思ったら買わない。

まずは、高い位置での売買は行わない事。大きく上昇した通貨はいつかは天井になります。いつかは、下落します。
その時、眺めの陰線が出現する事も多いので、戻ることもありますが、天井になったと分かると多くのトレーダーは売り逃げ使用とするので、数秒間戻っただけでまた、下落する事が多いです。ですので、5分足チャートをみて急落してもまだ高い位置にあると思うのであれば仕掛けないほうがいいでしょう。
2つ目は中途半端な下落では売買しないこと。陰線の長さをよく見る事で中途半端かどうかわかります。
焦って購入すると、通貨が更に下落し損失が大きくなる事もあるので注意しましょう。
焦りは禁物です。
3つ目は悪い材料が出た場合です。リーマンショックのように悪材料が出た場合は急落しても絶対に買わないほうがよいでしょう。
悪材料で購入するのは上級者になってリスク管理が出来るようになってからにしましょう。

稼げるFX外国為替これだけは必要FX



すぐに使えるFXデイトレテク ページトップへ