これだけあれば始められるFX|初心者必見!!FX基礎講座|初心者向けFX比較情報サイト FXくらべる君

知っておきたいこれだけあれば始められるFX:FXくらべる君はこれから外国為替を始める初心者デイトレーダーにぴったりのFX入門サイト。外為取引向け口座開設の人気ランキングから初心者必見のデイトレテクニックを掲載した充実のコンテンツ。相場からバイナリーオプションや低スプレッド口座の比較もFXくらべる君

メールでのお問合せはこちら

FXくらべる君

FXくらべる君TOP >> 初心者必見!!FX基礎講座 >> これだけあれば始められるFX

くらべる君ネットワーク
キャッシングくらべる君
FXくらべる君

FXの基礎知識【FX用語集】

これだけあれば始められるFX

1:ネット環境が整ったパソコン

毎秒変わるチャートを捉えるためにもインターネット通信が安定して動作するパソコンは必須!今はスマートフォン向けアプリも続々登場していますが、やはりデイトレーダーにパソコンは必須です!
パソコンを使う場合は、ノートパソコンやデスクトップパソコンがあります。安いパソコンでも持っているのと持っていないのでは、ここぞ!と言う時に買いや売りが遅れてしまうことがあるのでもし、購入出来るのであればパソコンを揃えましょう。

2:FX取引業者(口座)の選択

会社によって、手数料や口座の入金額が違います。FXくらべる君で自分に合った口座を選んでください。
口座と言ってもFX取引業者によって、サービス、オプション料金、手数料全て違います。FX口座選びのポイントは、色々ありますがまずスワップ金利、スプレッド、お得なキャンペーンまずはこの3つを確認しましょう!
「私は、少額の取引しかしないので関係ないよ」と思っている方もいるかもしれませんが、長期的に取引を行っていく場合にスワップ金利の差は利益の差に直結して出てきます。
スプレッドでも同じことが言えます。より有利にFXのトレードを行いたいのであれば、この差は大きなもので後々何十万、何百万と差が開くこともありますのでとても重要です。
基本的に、パソコンから空いた時間にトレードをするというスタンスであればこの3点が確認するべき所です。
中級者以上で取引になれてくると、スマートフォンからの取引や自動売買の機能を使ったりなどまた変わってきます。

3:まずはデモトレードを試す

多くの口座ではデモトレードがご利用いただけます。いざ口座を開いてから、使い勝手が合わず泣く泣く休眠させてしまうようであれば、まずお試しください。
各FX業者には、色々なデモトレードのソフトがあります。まず、自分の現金を使って実践する前にデモトレードをしてイメージトレーニングをすると、成功への近道になる事間違いなしです。
まず、自分のトレードする通貨を選びその通貨の過去のチャートを見ながら傾向を分析し、自分が使う金額を入力してトレードしてみてください。それでも使い勝手が合わない場合であれば、入金する前なのでまた、別の口座を開設する事も出来ます。中級者以上になってくると、口座も2個以上もっている方も多数居ますので、最初に開設した口座が後々使う口座になると言う事も珍しくありません。

4:必要ソフトの用意

基本的にFXの取引では、各FX業者のホームページに接続した後、そのままインタネットエクスプローラーなどのブラウザで注文を出す事が出来るFX業者が多いです。
ただし、チャートや特殊な注文システムを使っているFX業者もあるのでその場合は、専用のソフトウェアをインストールする必要があります。
高機能なチャートソフトなどを除きソフトウェアは無料のものが多いので金銭的な心配は不要だと思います。

5:口座開設&証拠金の入金

口座によって、必要金が異なりますので、準備する金額をお試しください。
各FX業者で、口座開設キャンペーンなどを行っています。初回入金○○円以上あるいは、取引通貨○○以上など条件がありますが、出来ればこの条件を満たしてキャッシュバックなどを受け取った方がお得に取引出来ます。
とあるFX業者の場合初回入金で1万円のキャッシュバックがある業者があります。この1万円を貰えれば、取引する前から収支がプラス1万円になるのです。是非お得なキャンペーンにエントリーしてみてください。

6:いざ、取引スタート

そして、いよいよ取引スタートです。
今までに準備をして、デモトレードで鍛えた腕で上級者への道を登ってください。
もちろん、デモトレードのような動きをしてくれない事も多いと思います。ですが、その経験を経て上級者になっていくのです。1回の収支よりも1ヵ月トータルの収支でプラスになっていれば良いので、気を長くもち、焦らずにトレードしましょう。

稼げるFX外国為替FXデイトレテクニック



これだけあれば始められるFX ページトップへ