FX基本用語集:中級編|初心者必見!!FX基礎講座|初心者向けFX比較情報サイト FXくらべる君

知っておきたいFX用語集:中級編|くらべる君はこれから外国為替を始める初心者デイトレーダーにぴったりのFX入門サイト。外為取引向け口座開設の人気ランキングから初心者必見のデイトレテクニックを掲載した充実のコンテンツ。相場からバイナリーオプションや低スプレッド口座の比較もFXくらべる君

メールでのお問合せはこちら

FXくらべる君

FXくらべる君TOP >> 初心者必見!!FX基礎講座 >> FX基本用語集:中級編

くらべる君ネットワーク
キャッシングくらべる君
FXくらべる君

FXの基礎知識【FX用語集】

FX基本用語集:中級編

移動平均線

移動平均線とは、為替相場の変動を一定期間の平均値を出し、表にしたものです。この表作成の理由は、相場の細かい動きではなく、相場全体の方向性を見ることが出来るからです。

ウィークオーダー

指値注文や逆指値注文の期限を週の金曜日の市場が閉まるまで有効とする注文方法です。特に、ニューヨーク市場を指します。一度注文したら成功するかキャンセルするまで有効にするなど。

下値支持線

チャートの上昇トレンドのところで、安値を結んだ線の事です。下値支持線の所まで値下がったら基本的には上がるので、そこまでしか変動しません。

ギブン

売れたことを表す言葉です。これは、自分とは関係の無い取引のときに使う言葉です。

薄商い

市場自体に活気がなく、取引が少ない状態の事です。また、取引がないから市場に活気がないのであって、一般的には市場が開いた時間帯などが最も活気があります。

ショート・スクイーズ

相場が上がって損切の決済が集中してしまい、その結果買いが殺到し相場がさらに上がり、加速する事です。ショートと言うのは売りポジションを保有している状態の事です。自分が持っている通貨を売る事や空売りしている状態を指します。

ショーグン債

日本国内で発行される外貨建て外債の事。外貨建て外債とは、外国債券の一種で、払い込みや利息などが外資で取引される外債の事です。外貨で取引されるので当然、価格変動が起きれば外債の価格も変動するのでハイリスク・ハイリターンになります。

対円相場

アメリカドル/円以外の通貨ペアの相場の事でクロス円相場ともいいます。クロスレートはアメリカドルを含まない通貨ペアです。アメリカドルは外国間での取引をする際最も基本になる通貨です。アメリカドルの経済力、影響力も大きく価値も安定し、輸出入に制限がなく金融市場、資本市場が発達しているという3つの条件をクリアしている唯一の国です。

ピップ

最小値幅単位の事で、為替が変動するときの最小の値を1ピップといいます。例えば為替レートが100.1円から100.2円と言うように0.1円単位で変動する時は0.1円が1ピップとなります。

非主要通貨

マイナーカレンシーとも言います。主要通貨ではない通貨の事。主に、中国・インドロシアなどがあります。

ネッティング

決済の時に、実際に取引をするのではなく、債券と債務を比較してその差分だけやり取りするような決算のやり方です。取引をする同士で、お互いにたびたび債券や債務が発生するような場合にこの方法が非常に役に立ちます。また、同じような決済方法に差金決済と言うものがあり、決済の時に実際に取引をするのではなく差損益だけを計算して決済するやり方です。FXの場合、異なる通貨を交換しますが、レバレッジを聞かせてから自分が持っている金額以上のお金が動いてる事になりますし、毎回交換していたのでは大変な事になります。

無期限オーダー

GTCの事で、指値注文や逆指値注文を一度注文したら成立するかキャンセルするまで有効とするという注文の仕方です。何日の何時まで有効や当日のみと言った注文の仕方もあります。また、指値注文というのは、アスクレートがこの値段になったら買い注文を出す。レートが○○の値段になったら売り注文を出すといった注文の仕方で逆指値注文と言うのは、今もっている通貨がこの値段までさがったら売るという損切の方法でもあります。



FXくらべる君|FX基本用語集:中級編 ページトップへ